〒901-0205 沖縄県豊見城市根差部559-1-2B

お家で遊ぼう「ねんど遊び」

2020.04.14

 今回は、室内で砂遊びや泥んこ遊びができないと思うので、代替えとして保育園で子ども達が大好きなねんど遊びの紹介です。

こちらはホームセンターなどで気軽に手が入ります。

何作ろう!!が湧き出てくる

 ねんど遊びは適度な柔らかさのため、自分の思った形を作ることができます。子ども達はねんどから、動物や食べ物、遊園地、人など様々なものを作ります。その時に、指先の器用さを育てることが期待できます。

大きめの粘土を丸める際には、手のひらを張って、両手で丸めていきます。小さな物を作る際には指先の様々な個所を駆使して作ります。

私が昔、保育士をしていたころ、ラーメンの器、麺、ナルト、ネギ、お箸をねんどで再現してくれました。

まずは一緒に遊んでみよう

 子どもにねんどを渡して「楽しいからこれで遊んでね」だと遊び方や遊びの深まり方が分かりにくく、飽きる(興味がわかない)場合があります。是非、お父さん、お母さんと一緒に遊んでみてください。

〇美ら海水族館を作ろう

〇動物園を作ろう

〇お母さんに内緒でごちそうを作って食べさせよう

〇お花を作ろう

など。

ある程度夢中になって遊んだら、あとは自分で内容を深めていってくれるでしょう。

次の日の続きが待ち遠しい

 ねんど遊びをしたときに、その都度お片付けをする形でもよいですが、作成中のことが多いです。その時は、作成中のものは部屋の棚の上に置いて、明日続きができるようにするとよいでしょう。子ども達は、次の朝起きた時に「あの続きがしたい」と期待をもって朝の支度に向かえるかもしれません。

注意ポイント:小さなお子様がいる場合は、誤飲する可能性があります。

このようにお家での遊びはメディアなどではなく、保育園でも使って気軽に手に入るものを使ってもよいかもしれません。しかも、お家で遊んでいるだけで指先や想像力、空間認知力を育てることができてしまいます(^^♪

こんなもの良いかもしれません↓

関連記事

このテーマのブログランキング

テーマ別ブログ

保育と育ち
保育環境
保育士研修
未満児関連
おすすめ遊び紹介
保育行事
手作りおもちゃ
保育士QansA
保護者QansA
さんご
さんご
さんご