〒901-0205 沖縄県豊見城市根差部559-1-2B

タイヤ転がしで社会性UP

2020.01.09

 今回はタイヤを使って社会性を刺激できる遊びを紹介します。

遊び方はとっても簡単です。

準備品:白線曳き・タイヤ のみです。

白線曳きがない場合は、地面に線を描くなどでも対応可能です。

役割分担とタイヤの特性を知る

 写真のように前後の役になり、タイヤを倒さないように、また線路からはみ出ないように転がしていきます。この時、簡単にタイヤを転がすペアと、何度もタイヤを倒してしまうペアを見ることができます。

①役割分担

前後の子どもで進める、支える役をその時々に応じて切り替える必要があります。また、前方へ進む子どもと後ろ歩きの子どもがいるため、相手の速度や歩きにくさを把握する必要があります。器用な子どもになると、支えながら進むことが同時にできるようになります。

②タイヤの特性を知る

タイヤを転がすときに「あ、そろそろタイヤが倒れそうだから速度を落として支えよう」など、タイヤ君の状況から速度や立て直しを行うことができます。ただただ転がすだけだと、何度も倒れてしまう可能性があります。

遊びを知ると自由遊びでも人気の活動となるため、おすすめの遊びです。

関連記事

このテーマのブログランキング

テーマ別ブログ

保育と育ち
保育環境
保育士研修
未満児関連
おすすめ遊び紹介
保育行事
手作りおもちゃ
保育士QansA
保護者QansA
さんご
さんご
さんご