〒901-0205 沖縄県豊見城市根差部559-1-2B

多様な発達が出会える園庭

2020.02.06

 先日、南風原町にあるみつわ保育園さんに巡回しました。その際、4,5歳児クラスは合同で園庭にて活動をしました。その時に0,1歳児クラスの保育士さんより「0,1歳児クラスも園庭に出ていてもよいですか?」との質問をいただきました。全く問題ないので是非とお伝えさせていただきました。

4,5歳児クラスの活動をしている周りで0,1歳児クラスの子ども達が遊んでいます。その時にエンカウンターとして、石や木を拾う遊びをしたのですが、0,1歳児クラスの子ども達も木や石を拾って見せに来てくれました。お兄ちゃん、お姉ちゃんの姿から「何か楽しそうだから真似してみよう」と模倣をしていました。

また、4,5歳児クラスの子ども達に遊びの説明をしていると、その横に未満児の子ども達がちょこんと座って一緒に聞いていました。座りなさい、話を聞きなさいではなく、興味関心から自然と注目して興味をもって聞き、見る姿が出てくるのだと感じました。

多様な発達が出会える場所の専門性

 未満児園庭、以上児園庭などそのそれぞれの発達に合わせた環境もよいと思いますが、それでは関わる機会が意識しないと得られない場合が多いと感じます。それならば、0~5歳児クラスまでの子どもが一堂に遊べる環境を整備することで更に多様な人間関係や社会性など育ちの要素は計り知れません。しかし、0歳児と5歳児の欲求に満足する園庭はとても思案のしどころです。みつわ保育園さんではそんな思案を重ねながら素敵な園庭が日々進化中です。

このテーマのブログランキング

テーマ別ブログ

保育と育ち
保育環境
保育士研修
未満児関連
おすすめ遊び紹介
保育行事
手作りおもちゃ
保育士QansA
保護者QansA
さんご
さんご
さんご