〒901-0205 沖縄県豊見城市根差部559-1-2B

手作りおもちゃで骨格を整えよう

2019.11.30

こんにちは!

ダンボールはすごいですね。0歳児から学童まで大喜び、しかも育ちを促せる環境を作ることができます。

この作品は1歳児クラスに配置してありました。子ども達はよじ登ったり、イスのようにして座ったりそれぞれの方法で楽しんでいました。

ハイハイ動作を促し骨格調整を!

 こちらの特徴は四方全てを囲っているので、子ども達はよじ登らないといけません。このよじ登りは変形ハイハイやハイハイをせずいきなり高這いになった子ども達には登りにくく、通常のハイハイ(四つ這い)で登らないといけません。この時に骨格のO脚と内股の双方を調整しよじ登ります。

更に登った後はバランスをとらないといけないので、体幹を育てることが期待できます。また、両腕で体重を支え持ち上げるなど、身体を支える力を育てることができ、4~5歳児クラスになったら楽しむ跳び箱遊びや側転の土台となる力を養います。

1歳児クラスになると素早く登ったり、立ったまま登るなど更に動作が発展してきますね。現代社会ではなかなか大きな段差と出会う機会が少ないと思いますので、是非お勧めです。

ダンボールは子どもが登ってもへこみにくいお酒の箱など厚めのダンボールを使用することをおススメします。

1歳児 ダンボール 保育室 環境  運動 発達 ハイハイ 遊道体操
それぞれが自分に合った使い方で楽しんでいますね

0歳児からもおススメです

 今回は1歳児の部屋に配置してありましたが、0歳児にもおススメです。また、2歳児からはおままごとや絵本を読む時のイスとして活用することもできます。安全面に配慮して楽しく子どもの発達を促していきましょう(^◇^)

このテーマのブログランキング

テーマ別ブログ

保育と育ち
保育環境
保育士研修
未満児関連
おすすめ遊び紹介
保育行事
手作りおもちゃ
保育士QansA
保護者QansA
さんご
さんご
さんご