〒901-0205 沖縄県豊見城市根差部559-1-2B

環境整備の端材を活用「馬歩き」

2020.01.20

 今回は環境整備に加工したときに出た木材の端材があったので、それを活用して楽しみました。

罠をよけながらの馬歩き

 遊び方は簡単です。端材を写真のように並べて、そこを馬歩き(四肢移動)を行います。通常であれば、フラフープや縄を踏まないようにして行いますが、端材を使ったことで「高さ」を意識することができます。また、触れた時に端材が倒れるため、子ども自身も当たったことに気づきやすくなります。

緊張しながら丁寧に移動しています

幅を変えることで難度を調整

 写真の配置は難しめに設定しています。端材同士の距離をあけることで、手足の位置が確保しやすくなります。環境整備で端材が出たら活用してみてはいかがでしょうか?

「遊道」では引き続き、施設にある物を活用しながら遊びの提案をさえていただきます。

関連記事

このテーマのブログランキング

テーマ別ブログ

保育と育ち
保育環境
保育士研修
未満児関連
おすすめ遊び紹介
保育行事
手作りおもちゃ
保育士QansA
保護者QansA
さんご
さんご
さんご