〒901-0205 沖縄県豊見城市根差部559-1-2B

0歳児からの公園デビュー

2019.12.13

 0歳児のハイハイができるようになったら、また伝え歩きができるようになったら、積極的に公園に連れて行くと良いでしょう。「え!?早すぎない??」と思われがちですが、発達を促す要素がたくさんあります。

芝生や傾斜、自然物に触れる

 公園では芝生や土、傾斜など室内ではなかなか経験できない環境があります。子どもの「触ってみたい」「ちぎってみたい」など欲求を引き出し活動への意欲へつなげることが可能です。また、悪路は全身や感覚を育てることに適しています!

他児を観察する

 公園には同年、大きなお兄さん、お姉さんなど多様な年齢の子ども達がいます。そんな姿を見るだけでも、子ども達は人間観察から模倣や意欲に繋げることになります。

見て「こうやるんだ!」と学んでいきます。また、見て「やろうとしたら難しかった」など、発達などの差異を感じ、どうやったらできるのかな?と考えるかもしれません。

ハイハイができなくても楽しめる

 ハイハイなど移動ができなくても、お家の人が抱っこをして散策してみましょう。蝶々や鳥、虫や花など見かけたら、指差しをしながら「〇〇がいたね」と声をかけることで、語意や語彙、意思疎通の力を育てることができます。

大切なことはお家の人との会話

 公園に行ったら、または散歩などでは「形容詞を多く含んだ声掛け」をしてみましょう。

「小さなアリさん」「大きな木だね」などの言葉をかけることで、子ども達は勉強するよりも効率的に学んでいくと思います。沖縄には素敵な公園がたくさんありますので、是非、公園巡りもしてみても良いかもしれません。

このテーマのブログランキング

テーマ別ブログ

保育と育ち
保育環境
保育士研修
未満児関連
おすすめ遊び紹介
保育行事
手作りおもちゃ
保育士QansA
保護者QansA
さんご
さんご
さんご