〒901-0205 沖縄県豊見城市根差部559-1-2B

お正月遊びと子どもの発達

2019.11.27

 けん玉を活用して子ども達の運動機能や集中力を育てていきましょう。

けん玉は全身の連動性や指先の器用さ、リズム感、動体視力、集中力など総合発達が必要になります。

何よりも大切なことは「なかなか成功しない」ということです。一見、簡単そうに見えますがやってみるとなかなかうまく皿に載せることができません。

何度も繰り返し、何度も微調整して、次第にお皿に載せらるようになります。この繰り返しが子ども達の集中力や身体の連動性などの育ちを刺激します。

ただし、最初からけん玉の動作を行っても、成功しないため諦めてしまう場合があります。そこで、幼児遊道体操ではけん玉を使った様々な遊びからけん玉に親しみを持ってもらいスモールステップでの成功体験とけん玉に必要な動作を育てていきます。

1回でもお皿に載った子どもは、嬉しくてずっとけん玉で遊び、いつの間にか「モシカメ」などの遊びができるようになってしまいます。

また、友達が成功して喜びの声を上げた瞬間に一斉に注目が集まり、載った子どもも見ている子ども喜びを共有できます。更にできる子どもに憧れ、「○○くんみたいに載せてみたい!!」と憧れの気持ちも引き出すことができます。

5歳児クラスの1月くらいにおススメですので、是非遊んでみてください。

5歳児 けん玉 遊び 発達
子ども達も先生も夢中に!

このテーマのブログランキング

テーマ別ブログ

保育と育ち
保育環境
保育士研修
未満児関連
おすすめ遊び紹介
保育行事
手作りおもちゃ
保育士QansA
保護者QansA
さんご
さんご
さんご