〒901-0205 沖縄県豊見城市根差部559-1-2B

大人も本気で考える「どうぶつしょうぎ」

2019.10.10

アナログゲームを紹介させていただきます!ここで大切なことは、保育士さんが本気になって向かうことです。

実際は「本気でやって!」と言わなくても本気になれてしまいます。

今回は遊道特選アナログゲームから「どうぶつしょうぎ」を紹介させていただきます。

どうぶつしょうぎは、通常の将棋のように複雑なコマではなく、とってもシンプルです。

また、進む方向も赤点で記されており、確認しながら楽しめます。しかし、奥深い・・・。

保育士さんに試してもらいましたが、しばらく考え込みながらやっていました。5歳児クラスの子ども達におすすめのアナログ遊びとなりますので、よろしければネットで検索してみてください。

参観者も考える

アナログゲームの良いところは、やっている人だけではなく、見ている人も考えるということです。

しかも、アドバイスしたいけれども!!そこは我慢!!頭の中(内面的会話)で「あーでもない、こーでもない」と喋ります。

今回は勝負がつかずでしたが、たったこれだけのマスでも非常に考え予想します。

是非、ご家庭でもおススメですので、お子さんと楽しんでみてください。

このテーマのブログランキング

テーマ別ブログ

保育と育ち
保育環境
保育士研修
未満児関連
おすすめ遊び紹介
保育行事
手作りおもちゃ
保育士QansA
保護者QansA
さんご
さんご
さんご