〒901-0205 沖縄県豊見城市根差部559-1-2B

靴のメンテナンス

2020.09.24

 まだ足のサイズに余裕があるのに「靴がきつい」という場合があります。そんなときは、靴の中敷きを出して、かかとを合わせて立たせます。そして、足先から中敷きの余白が1㎝~1.3㎝ほどあるか確認をしましょう。

それでもきつい場合は「砂」が原因のことも

 子ども達は外で遊んでいると、靴の中に様々なゴミが溜まります。一番溜まりやすいものは「砂」です。特に砂場などで遊んでいると、大量の砂が入り込みます。

その砂が少しずつ溜まり、気にせずに歩いていると足の中で砂を固めてしまいます。そして、更に砂が蓄積されて固まってを繰り返すと、本来足先に余裕のある靴でもきつくなってしまいます。

定期的に中敷きを外し、靴内のごみを出してみましょう。「こんなに砂が詰まっていたの??」と驚くほど砂が出てくるかもしれません!

このように靴をメンテナンスすることで、子どもの歩きやすさから身体の使い方をスムーズにすることができます。

このテーマのブログランキング

テーマ別ブログ

保育と育ち
保育環境
保育士研修
未満児関連
おすすめ遊び紹介
保育行事
手作りおもちゃ
保育士QansA
保護者QansA
さんご
さんご
さんご